「157キロの矢」 憤死の走者愕然…“弾丸バックホーム”が「なんて送球だ」

フィリーズのロマン・クイン【写真:Getty Images】
フィリーズのロマン・クイン【写真:Getty Images】

完成度の高いバックホーム映像「そして観客は大興奮!」

■メッツ 8ー7 フィリーズ(日本時間3日・フィラデルフィア)

 フィリーズのロマン・クイン外野手が2日(日本時間3日)、本拠地でのメッツ戦で衝撃のバックホームを見せた。観客大興奮の約157キロの弾丸送球でアウトにしたファインプレーを多方面から臨場感たっぷりに捉えた映像に「素晴らしい送球だ…」「パーフェクトスロー」「カメラマン超優秀!」などと驚きの声が上がっている。

 2回無死二塁の場面だった。メッツのケビン・ピラーが放った打球は中前へ。二塁走者のドミニク・スミスは迷わず三塁を蹴ったが、待っていたのは“悪夢”だった。猛ダッシュで捕球した中堅のクインは、全身を躍動させてバックホーム。ドンピシャの送球が捕手のミットにおさまり、悠々とアウトにしてみせた。

 この瞬間をMLB公式ツイッターが「97.3マイル(約:156.6キロ)の矢、そして観客は大興奮!」とメッセージを添えて動画で公開。様々なアングルから撮影された映像を編集した完成度の高い内容に、ファンからは「なんて送球だ」「ホームプレートのカメラ最高」などとコメントが寄せられていた。

【動画】多角アングルでの157キロの弾丸バックホーム

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY