鷹・今宮健太が4回で突如交代 「9番・遊撃」でスタメンも何らかのアクシデントか?

ソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】

2回に右中間への三塁打を放ったあと、牧原大が急ピッチでキャッチボールを行う場面も

■ソフトバンク – 楽天(4日・PayPayドーム)

 ソフトバンクの今宮健太内野手が4日、本拠地PayPayドームでの楽天戦で4回終了でベンチに退いた。なんらかのアクシデントがあった可能性がある。

 この日「9番・遊撃」でスタメン出場した今宮。2回2死一塁の第1打席で右中間フェンス直撃の適時三塁打を放つと、送球が逸れる間に一気に本塁へと生還した。このあと、ベンチ裏へと下がり、ベンチ前では牧原大が急ピッチでキャッチボールを始めたが、今宮はそのままプレーを続行。遊撃の守備に就いていた。

 そのままプレーを続けていたが、4回の第2打席で投前への犠打を決めると、再び牧原大がベンチ前でキャッチボールをスタート。4回の攻撃が終わると、工藤公康監督が選手交代を告げた。

【動画】今宮が放った右中間フェンス直撃の適時三塁打

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY