大谷翔平、メジャー最速10号本塁打なるか 「2番・DH」で今季2度目2戦連発に期待

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

160キロ超左腕・マクラナハンと初対決する

■エンゼルス ー レイズ(日本時間5日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地のレイズ戦で「2番・指名打者」で先発出場する。試合前までメジャー最多タイの9号本塁打。今季2度目の2試合連発、メジャー最速10号本塁打に期待がかかる。

 レイズは昨季ポストシーズンでデビューした剛球左腕・マクラナハンが先発する。4月29日(同30日)のアスレチックス戦でレギュラーシーズン初登板初先発し、4回5奪三振5安打2失点。100マイル(約161キロ)を超える剛球が大きな魅力だ。

 前日2日(同3日)の敵地・マリナーズ戦で左腕・シェフィールドの93.4マイル(約150.3キロ)のフォーシームが右肘付近に直撃。3日(同4日)の本拠地・レイズ戦での先発登板を回避したものの、バットでは中越え9号2ランを含む今季8度目のマルチ安打をマークした。試合前まで今季は26試合出場し、打率.272、9本塁打、22打点、6盗塁。

【エンゼルス】
1(二)フレッチャー
2(指)大谷翔平
3(中)トラウト
4(右)ウォルシュ
5(遊)イグレシアス
6(左)アップトン
7(一)プホルス
8(三)ゴセリン
9(捕)スタッシー
投手 カッブ

【レイズ】
1(左)アロサレーナ
2(指)メドウズ
3(右)マルゴー
4(二)ロウ
5(一)ディアス
6(三)ウェンドル
7(捕)ズニーノ
8(中)キアマイアー
9(遊)アダメス
投手 マクラナハン

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY