鷹・上林、今季初スタメンで今季1号2ラン&マルチ安打「うまく反応して」

1号2ランを放ったソフトバンク・上林誠知【画像:パーソル パ・リーグTV】
1号2ランを放ったソフトバンク・上林誠知【画像:パーソル パ・リーグTV】

3回にも適時二塁打を放っており、全3打点を叩き出す活躍

■ソフトバンク – 楽天(5日・PayPayドーム)

 ソフトバンクの上林誠知外野手がファン待望の今季1号アーチを放った。5日の楽天戦で今季初スタメン出場。4点を追う5回に右翼ホームランテラス席へと2ランを放った。

 本拠地PayPayドームが沸いた。上林に待望の一発が飛び出した。この日「1番・中堅」で今季初めてスタメン起用されると、待望の一発は5回に飛び出した。無死二塁で打席に入ると、フルカウントからの9球目を捉えた。

 楽天先発・則本昂の真っ直ぐを弾き返すと、快音を残した打球は右翼ホームランテラス席へ。2点差に詰め寄る今季1号2ランとなり、ベンチのチームメートたちも大盛り上がりとなった。上林は球団を通じて「真っ直ぐを上手く反応して振り抜くことが出来ました。先頭で佑京(周東)が塁に出てくれて、足でプレッシャーをかけてくれていたので打席の中で助けられたところが大きかったと思う。今季初先発の試合、何とか追いつき、勝ち越せるように頑張っていきます」とコメントした。

 今季、開幕1軍から外れてファーム調整が続いていた上林は、デスパイネの登録抹消に伴い、3日に今季初めて1軍昇格。この日が初のスタメン出場に。3回の第2打席でも適時二塁打を放っており、ここまで全3打点を叩き出す活躍となっている。

【動画】上林の今季1号2ラン

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY