大谷翔平、第4打席で一塁ベース直撃の二塁内野安打! 孤軍奮闘の今季9度目マルチ

レイズ戦に先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
レイズ戦に先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

3回の第2打席では右中間へ貴重な追加点となる10号2ラン

■エンゼルス ー レイズ(日本時間7日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地レイズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。第2打席でメジャートップタイの10号2ランを放つと、第4打席では一塁ベース直撃となる二塁内野安打を放ち今季9度目のマルチ安打をマークした。

 大谷は初回の第1打席では変化球に空振り三振に倒れたが、第2打席では左腕フレミングから右中間へ2試合ぶりの一発となるメジャートップタイの10号2ランを放った。

 これまでシーズン10号の日本人最速は2019年に自身が記録した44試合、180打席目だったが、今季は打者28試合、116打席で到達。試合数、打席数ともに更新した。到達日の日本人最速は2004年松井秀喜(ヤンキース)の6月4日だった。5月までの10号到達は日本人初めてだった。

 6回の先頭で迎えた第3打席では空振り三振に倒れたが、5点ビハインドの8回2死走者なしで迎えた第4打席では一塁ベースに直撃する二塁内野安打を放ち今季9度目のマルチ安打をマークした。

 試合前にはメジャー歴代5位の通算667本塁打など数々の功績を誇るプホルスが戦力外となりチームに衝撃が走ったが、2試合ぶりの一発、そして9度目のマルチ安打と動じることなくプレーを続けている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY