大谷翔平、豪快弾後の愛らしい“頭なでなで”姿に米胸キュン 「最高にキュート」

10号2ランを放ったエンゼルス・大谷翔平(右)とデビッド・フレッチャー【写真:AP】
10号2ランを放ったエンゼルス・大谷翔平(右)とデビッド・フレッチャー【写真:AP】

メジャートップタイ10号2ランを放った大谷はベンチに戻ると同級生のフレッチャーを…

■レイズ 8ー3 エンゼルス(日本時間7日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地レイズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。2試合ぶりの一発となるメジャートップタイの10号2ランを放った。豪快アーチを描いた後にベンチで同級生を“なでなで”する愛らしい姿が話題になっている。

 大谷は3回2死二塁で迎えた第2打席で2試合ぶりの一発となる10号2ランを放ち、レッドソックスのJD・マルティネスらに並びメジャートップタイとなった。右中間へ飛び込む428フィート(約130メートル)の特大弾に確信歩きを見せた大谷はベンチに戻るとナインからハイタッチで祝福を受けた。

 すると、2ランで一緒に生還した同級生のデビット・フレッチャーを見つけ、少年のような笑顔を見せ頭を何度も撫で回した。この様子を球団公式ツイッターも「なでなで」とコメントを添え動画を公開。2人の微笑ましい姿にファンも「とっても可愛い」「人間性が溢れている」「この2人は素晴らしい友情関係を持っている」「最高にキュート」と大喜びだった。

【動画】大谷が豪快アーチ後に見せた愛らしい“なでなで”

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY