無死で5度得点圏も無得点… 繋がらない鷹打線に工藤監督が注文「しっかり準備して」

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

2点差の9回は1死二、三塁の好機も得点できなかった

■西武 2ー0 ソフトバンク(8日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは8日、本拠地PayPayドームでの西武戦に2-0で敗れた。これでこのカード1敗1分けとなり、5カード連続でカード勝ち越しを逃すことになった。

 この日は「タカガール・デー」ということで、本拠地のスタンドは入場制限こそあるものの、ピンク色に染まった。その中で先発のマルティネスは7回を投げて5安打2失点。初回に先制点こそ与えたものの、結果的にはハイクオリティスタートと、先発としての役割を十分に果たした。リリーフした嘉弥真、泉もともに無失点に封じ、投手陣は9回まで2失点と試合を作った。

 その一方で奮わなかったのが攻撃陣だ。西武と同じ6安打を放ち、相手守備陣の3失策という乱れもありながら、最後までスコアボートにゼロが並び続けた。2回、4回、6回、7回、9回と5度も無死で得点圏に走者が進みながら、いずれのチャンスも後続が繋がらずに得点にはならなかった。

 2回は先頭のグラシアルが二塁打で出塁しながら、続く栗原が空振り三振。甲斐の三ゴロでグラシアルがタッチアウトとなり、最後は松田が三ゴロに倒れた。4回には代打の長谷川が二塁打で出塁。栗原に送りバントを命じて得点を狙ったが、甲斐、中村晃が倒れた。

 6回には相手守備の乱れで先頭の牧原大が一気に二塁に進んだが、柳田、長谷川、栗原の中軸が相次いで凡退。7回は甲斐の遊ゴロを一塁山川がエラー、中村晃の四球で無死一、二塁とするも、松田が送りバントに失敗、周東、上林も倒れた。9回は連続四球で無死一、二塁とし、周東が犠打を決めて1死二、三塁としたが、後続が続かず。最後は2死満塁で柳田が遊ゴロに終わった。

「何とかしようとする気持ちが強すぎるのも…」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY