鷹、本拠地で西武に今季初勝利 継投策に工藤監督「あそこが何より大事かなと」

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

母の日に勝利し「勝ったよのひと言がいい親孝行に繋がれば」

■ソフトバンク 3ー1 西武(9日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは9日、PayPayドームで行われた西武戦を3-1で勝利した。本拠地での西武戦は今季初勝利。「タカガールデー」でスタンドをピンクに染めたファンにようやく笑顔を届けた。

 ソフトバンクの先発・松本裕樹は、初回に1点を先制されたものの、その後は5回まで無失点。6回1死から四球を与えると、ベンチは即座に継投策に出た。左の栗山に対して嘉弥真新也、右の山川に対して津森宥紀を投入し、ともに空振り三振に斬って取った。

 工藤公康監督は「松本君は2回もヒットはあったが、その後は良かった。3回以降も集中力を切らさず投げてくれた。(6回は)雰囲気も悪くなった中で一人一殺でいこう、と。あそこが何より大事かなと思った」と、はまった継投策に胸を張った。

 7回以降は泉圭輔、岩嵜翔、モイネロが西武打線をノーヒットに抑える快投。「リリーフはみんな良かった。コンディショニングの悪い投手もいなかったので、一人一殺で使うこともできた。それも昨日、一昨日と先発が長いイニングを投げてくれたことも大きかったと思う」と、石川柊太、マルティネスの粘投が小刻みな継投を可能にしたことに感謝した。

 今カードが1勝1敗1分に終わり5カード連続で勝ち越し無しとなったが、本拠地でようやく西武に勝利した。「タカガールデー(の最後)にしっかり勝ち切ったというところを見せられたのは大きい。今日は母の日でみんな連絡するでしょうから『今日は勝ったよ』という一言がいい親孝行に繋がればうれしい」と笑顔を見せた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY