「足の回転が異常」“サニブラに勝った男”五十幡のロケットスタートに球場沸く

プロ初盗塁を決めた日本ハム・五十幡亮汰【画像:パーソル パ・リーグTV】
プロ初盗塁を決めた日本ハム・五十幡亮汰【画像:パーソル パ・リーグTV】

「1番・中堅」でスタメン出場しプロ初安打&初盗塁をマークし2盗塁

■楽天 6ー3 日本ハム(9日・札幌ドーム)

 日本ハムのドラフト2位ルーキー・五十幡亮汰外野手が9日、本拠地での楽天戦に「1番・中堅」でスタメン出場しプロ初安打初盗塁をマークした。中学時代に“サニブラウンに勝った男”として注目を集めた新人の快足ぶりにファンも「足の回転が異常」「新たなスピードスターの誕生」と絶賛している。

 待望の“プロ初”が生まれたのは5回の第3打席だった。左翼前にポトリと落ちるテキサスヒット(記録は遊撃内野安打)を放ちプロ初安打をマークすると、続く杉谷の打席で二盗に成功しプロ初盗塁をマーク。さらに7回には併殺崩れの遊ゴロで出塁すると再び二盗に成功し、杉谷のタイムリーで生還した。

 五十幡の快足ぶりを「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeは「【噂の韋駄天】五十幡亮汰が2盗塁 サニブラウンに勝った男の『ロケットスタート』」とのタイトルで動画を公開。これにはファンも「足の回転が異常」「新たなスピードスターの誕生」「ヒット1本でツーベースにしてしまう男」「これは北の赤星」と驚きの声を上げていた。

【動画】誰も止められない! 五十幡のロケットスタート

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY