場外弾に看板直撃弾…佐藤輝明の攻略法は? DeNAの救援2投手が示した“お手本”

阪神・佐藤輝明【写真:荒川祐史】
阪神・佐藤輝明【写真:荒川祐史】

鍵は膝元の変化球と高めの150キロ超の速球

 リーグトップタイの10本塁打を放っている阪神のドラフト1位ルーキー、佐藤輝明内野手。特に敵地・横浜スタジアムでのDeNA戦で、多くの衝撃的なシーンを演じている。4月9日には右中間最上段の「鳩サブレー」の看板を越える場外弾を放ち、5月7日の1発は右翼最上段の「業務スーパー」の看板を直撃した。規格外の新人に対し、DeNAサイドは対策を練っているのだが……。

 国吉佑樹投手が真ん中付近に投じた失投のカットボールを逃さずとらえた場外弾と、中川虎大投手のインハイの145キロ速球を肘をたたみながら巧みに運んだ看板直撃弾。いずれもソロではあったものの、破壊力は度肝を抜いた。

 許しているのは、一発だけではない。データをもとに、DeNAは佐藤輝に対して遊撃手が二塁ベース後方、二塁手が一塁寄りに位置を変える“輝明シフト”を敷いているが、8日の対戦では4回に二塁ベース右の狭い二遊間、5回にはこれまた狭い一、二塁間を抜かれ、連続適時打となった。シフトを堂々と正面からぶち破られた格好で、三浦大輔監督は「シフトの間を抜かれたらヒットだと思っている」と脱帽するしかなかった。

 9日の対戦では3打数無安打に抑えたものの、1点リードで迎えた5回、先頭の佐藤輝を四球で歩かせ、続くサンズの左中間二塁打で、一塁から長躯ホームインを許した。微妙なタイミングだったが、激走の末ヘッドスライディングでタッチをかいくぐるようにして同点のホームを奪われ、これが続く糸井の勝ち越し2ランにも繋がった。結局、佐藤輝に“おいしい所”を持っていかれたわけである。

佐藤輝はDeNA戦で打率.333、3本塁打、10打点

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY