2夜連続の被弾にDeNA三嶋が崩れ落ちた… 巨人に勝てぬも指揮官「明日また期待」

DeNA・三浦大輔監督【写真:小谷真弥】
DeNA・三浦大輔監督【写真:小谷真弥】

全力疾走を怠った桑原に猛省求める「ああいうことをしっかり」

■DeNA 5ー5 巨人(12日・横浜)

 巨人戦の今季初白星がスルリと逃げた。DeNAは12日、本拠地・横浜スタジアムでの一戦で、2点リードの9回2死から、守護神の三嶋一輝投手が巨人・岡本に同点8号2ランを被弾。5-5で引き分け、今季の対戦成績は0勝5敗3分となった。三嶋は前日(11日)の同カードでも同点の9回に登板し、若林、吉川に連続本塁打を浴びて敗戦投手となったのに続く救援失敗となった。

 初回に先発投手の浜口がいきなり3点を失ったが、2回には宮崎の3号2ランで反撃。1点を追う8回、ソトが左腕・高梨から右翼席へ逆転4号2ランを放った。さらに、昨年オフにDeNAから巨人に移籍し、古巣戦初登板となった井納からドラフト2位ルーキーの牧が左翼席へ8号ソロを放り込み、2点リードで9回を迎えた。

 三嶋は2死を取りながら、丸に右前打を許し、続く岡本に対しカウント0-1から、ストレートがシュート回転して真ん中付近に入ったところを、バックスクリーン右へ打ち込まれた。三嶋はその瞬間、マウンドで腰を下ろしうなだれた。

 三浦監督も「もう一歩でしたね。先制されたあとの2ランは大きかったし、そのあとの(牧とソトの)ホームランも大きかったですけど……」と呆然。それでも三嶋、さらに4打数無安打2三振に終わった4番の佐野についても、「なんとか調子を上げてもらわないと。チームの核なので。明日またそこに期待します」と配置転換などを否定した。

 ショックが大きかったせいか、9回の攻撃で2死から内野フライを打ち上げた桑原は、肩を落として全力疾走をしなかった。すると、この飛球を一塁手の中島と二塁手の若林がお見合いして落球(記録はヒット)。本来なら二塁まで行けたはずの桑原は、一塁に止まった。結局、続く神里が空振り三振に倒れ試合が終わったが、ただでさえ沈滞ムードなだけに、なおさら残念なプレーだった。

 三浦監督も「あそこは全力疾走しないといけないところ。コーチからも……(注意させる)。全員でああいうことをしっかりできるようにしていかないといけない」と猛省を求めた。気持ちを入れ直して、13日にもう1度巨人に挑む。

(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY