「一体何だこれは!」 大谷翔平、脅威の変化を見せた“魔球”にMLB公式も驚愕

敵地アストロズ戦に「2番・投手」で出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
敵地アストロズ戦に「2番・投手」で出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

二刀流登録、メジャー通算100奪三振も達成

■アストロズ ー エンゼルス(日本時間12日・ヒューストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、敵地・アストロズ戦に「2番・投手」で出場。メジャー通算100奪三振を達成するなど7回1安打10奪三振1失点の好投を見せ降板後は右翼の守備に就く“リアル三刀流”を見せつけた。MLB公式は打者がジャンプしながら仰け反った“フロントドア”に注目した。

 大谷は4回にこの日4個目の三振を奪いメジャー通算100奪三振を達成。55本塁打以上、100奪三振以上はメジャー5人目の快挙となった。

 立ち上がりから抜群の投球を見せる大谷が衝撃の1球を投げ込んだ。3回1死走者なしの場面でアルトゥーベにカウント1-1から82マイル(132キロ)のスライダーを投げ込み見逃しを奪った。内角ボールゾーンから急激な変化を見せたフロントドアにアルトゥーベもジャンプして仰け反るほどだった。

 この“魔球”をMLB公式ツイッターも驚きの絵文字を添え動画を公開。これにはファンも「フリスビー」「このスライダーは常軌を逸している」「アルトゥーベに恥をかかせるなんて…」「吐き気がする」「公平じゃない」「一体何だこれは!」と驚きの声を上げていた。

 この日は2回1死まで投げたことで、投球回20イニング以上かつ野手で20試合の先発出場の条件を達成。投手登録から「Two-Way-Player(二刀流選手)」に切り替わることになった。

【動画】アルトゥーベがジャンプして仰け反る… 大谷、脅威の変化を見せたスライダー

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY