大谷翔平、105年ぶり「先発投手翌日に1番打者」 リアル三刀流から一夜、今季初起用

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

今季初「1番・DH」も4打数無安打でチーム連敗

■アストロズ 9ー1 エンゼルス(日本時間13日・ヒューストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、敵地のアストロズ戦で今季初の「1番・指名打者」で先発出場した。公式戦で1番を担うのは、2020年9月2日(同3日)のパドレス戦以来、約8か月ぶり。リーグ単独トップの11号本塁打に期待がかかったが4打数無安打に終わり、チームも2連敗を喫した。

 メジャー3度目の投打同時出場となった前日11日(同12日)は今季最長7回を投げ、今季初の2桁10奪三振1失点と力投。降板後の8回守備からメジャー移籍後初めて右翼の守備に就いた。バットでは7回に右前打を放ち、4打数1安打。チームは敗れたものの、リアル三刀流で沸かせた。

 MLBスタッツによると、投手として先発登板した選手が次戦にリードオフマンとして出場するのは、1916年7月25、26日のレイ・コールドウェル以来、実に105年ぶり。大谷が休みなく出場を続けるたび、新たな歴史が刻まれている。

 リアル三刀流から一夜明け、この日は快音なしに。今季は打者として34試合出場で打率.257、10本塁打、26打点、6盗塁。本塁打でメジャートップのブレーブス・アクーニャJr.とは1本差。リーグではレッドソックス・マルティネス、マリナーズ・ハニガー、インディアンス・ラミレスと並んでいる。

【エンゼルス】
(指)大谷翔平
(遊)イグレシアス
(一)ウォルシュ
(右)ウォード
(二)ロハス
(中)ラガレス
(三)ゴスリン
(左)ジェイ
(捕)ブテラ
投手 ヒーニー

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY