ダルビッシュ、今季4勝目ならずもチーム3連勝 4回2安打1失点、相棒カラティニが満弾

敵地でのロッキーズ戦に先発登板したパドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
敵地でのロッキーズ戦に先発登板したパドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

7イニング制のダブルヘッダー第1戦に先発、6回に相棒カラティニが満弾

■パドレス 5ー3 ロッキーズ(日本時間13日・コロラド)

 パドレスのダルビッシュ有投手は12日(日本時間13日)、敵地でのロッキーズとのダブルヘッダー第1戦に先発。7イニング制の試合で4回を投げ、2安打2奪三振1四球1失点で今季4勝目とはならなかった。降板直後にチームは同点に追いつき、6回にはカラティニが満塁本塁打。5-3で3連勝を飾った。

 初回に味方野手のミスも重なって2死二塁を招くと、4番ストーリーに中堅への適時打を許して先制点を献上。しかし、2回から2イニング連続で3者凡退に。4回は2死走者なしから左翼手ファムが打球を見失うミスが二塁打となって得点圏にランナーを背負うも、続くアダムスを投ゴロに斬ってみせた。打者15人に計76球を投げ、ストライク48球。防御率2.08となった。

 チームは主力のタティスJr.とマイヤーズが新型コロナウイルスに感染。他にも濃厚接触などの可能性がある野手が続々と故障者リスト(IL)入りし、打線の大幅入れ替えを強いられて臨んだ一戦だった。その中で、ダルビッシュの“専属捕手”がグランドスラムの大仕事。左腕エース、スネルが先発する第2戦につないだ。

 今季、4年ぶりの開幕投手を務めたダルビッシュは、自身2度目の登板から5戦連続でクオリティスタート(6イニング以上で自責点3以下)を達成。自身2連勝で臨んだ前回5日(同6日)のパイレーツ戦は6回途中6安打2失点。これで2試合連続で勝敗がつかなかった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY