大谷翔平「有名なところに打てて良かった」 グリーンモンスター越え11号に喜び

会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)

ベーブ・ルースがデビューした地での初本塁打に「嬉しい」

■Rソックス 4ー3 エンゼルス(日本時間15日・ボストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地でのレッドソックス戦に「2番・DH」でスタメン出場し、7試合ぶりの本塁打を放った。6回の第3打席でグリーンモンスターを越える11号に、試合後は「有名なところに打てたのは凄く良かった」と振り返った。

 初回の第1打席でピベッタが投じたカーブを捉えて左翼フェンス直撃の二塁打を放った大谷。3回の第2打席では空振り三振に倒れたが、第3打席で再び右腕のカーブを捉えてスタンドへ運んだ。泳ぎながら弾き返した打球が、左翼にそびえ立つ約11メートルのグリーンモンスターを越える驚愕の一発となった。

 二刀流の“元祖”ベーブ・ルースがデビューを飾ったボストンのフェンウェイ・パークで放った初本塁打。100年超の歳月を経て二刀流で輝く大谷は「伝統ある球場なので、素晴らしい球場だなと思いましたし、ずっと見ていた球場なので、実際に打つことができたのは嬉しい」と喜んでいた。

 また、この日の試合前には18日(日本時間19日)のインディアンス戦に見込まれていた、次回先発登板が先送りになることが決まった。マドン監督が疲労を考慮しての措置だと明かしていたが、大谷自身は「(疲労は)多少あるのは仕方ない、みんなあると思う。それなりに試合数もこなしてきてますし、予想の範囲内なのかなとは思っています」と語っていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY