大谷翔平、足が速すぎた? 初回に左翼線安打も痛い走塁ミス、挟殺プレーで憤死

第1打席で左翼線安打を放つもタッチアウトとなったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
第1打席で左翼線安打を放つもタッチアウトとなったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

敵地レッドソックス戦で「2番・指名打者」で先発出場

■Rソックス ー エンゼルス(日本時間16日・ボストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地のレッドソックス戦で「2番・指名打者」で先発出場。初回の第1打席で左翼線へ2試合連続安打をマークした。

 初回無死一塁。左腕ペレスの内角高めシンカーに詰まらされたが、打球を左翼線へ。大谷は一気に二塁を狙った。しかし、一塁走者・ウォードの二塁ストップを確認できておらず。大谷は一、二塁間で挟まれてタッチアウトとなった。痛い走塁ミスとなった。

 ペレスとは試合前まで2打数1安打の打率.500。リーグ単独トップの12号本塁打が飛び出すか注目される。

 大谷は前日14日(同15日)のレッドソックス戦の6回に7試合ぶりの11号ソロ。グリーンモンスターを超える一発だった。試合前までの今季成績は35試合出場し、打率.264、11本塁打、27打点。

【動画】大谷翔平、第1打席で技あり左翼線安打も…走者が大渋滞で痛いタッチアウト

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY