大谷翔平、9回土壇場で逆転2ラン 指揮官もベンチも大興奮「火山のように爆発した」

逆転2ランの大谷翔平(左)を笑顔で迎えるエンゼルスナイン【写真:Getty Images】
逆転2ランの大谷翔平(左)を笑顔で迎えるエンゼルスナイン【写真:Getty Images】

ベンチの盛り上がりにマドン監督「想像する通り、爆発していた」

■エンゼルス 6ー5 Rソックス(日本時間17日・ボストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地のレッドソックス戦で「3番・指名打者」で先発出場。4打席無安打で迎えた9回の第5打席で起死回生の逆転12号2ランを放った。チームは6-5で勝ち、連敗を4でストップした。

 起死回生の一発は、1点を追う9回2死一塁。守護神バーンズから「ペスキーズ・ポール」と呼ばれるフェンウェイ・パークの右翼ポール際へかっ飛ばした。シーズン12本塁打はブレーブス・アクーニャJr.、マリナーズ・ハニガー、ヤンキース・ジャッジに並んでメジャートップタイ。打球速度97マイル(約156.1キロ)、飛距離372フィート(約113.4メートル)、角度36度だった。

 大谷が9回以降で決勝弾を放ったのはメジャー初。マドン監督は「(今日の勝利は)非常に大きな意味がある。厳しい敵地での戦いだった。勝つべき試合で勝てなかった時もあった。シリーズで勝ち越すことも考えられたが、そうならなかった。今日の戦いぶりに満足している。(大谷の右翼ポール際への打球は)フェアだと思った。(ベンチ内の様子は)誰もが想像する通りだったと思う。火山のように感情が爆発していた。何と言うべきか、とにかく素晴らしかった」と称えた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY