大谷翔平、“お得意様”からメジャー単独トップ13号3ラン インディアンス12戦6発

13号3ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
13号3ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

インディアンス戦でメジャー初本塁打、初の2打席連発

■エンゼルス ー インディアンス(日本時間18日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地のインディアンス戦で「2番・指名打者」で先発出場。2回の第2打席で今季2度目の2試合連発となる右越え13号3ランを放った。

 今季メジャーデビューした24歳左腕ヘンゲスからアーチをかけた。2回1死一、三塁。高めに浮いた93.6マイル(約150.6キロ)のフォーシームを右中間スタンドへ運んだ。シーズン13本塁打はブレーブス・アクーニャJr.、マリナーズ・ハニガー、ヤンキース・ジャッジを抜いてメジャー単独トップだ。2戦連発は4月24、25日(同25、26日)の敵地・アストロズ戦以来22日ぶり自身7度目。

 メジャー通算60号に到達した。飛距離431フィート(約131.3メートル)、打球速度106マイル(約170.6キロ)、角度27度。打った瞬間に本塁打と分かる弾丸ライナーだった。

 インディアンスは大谷のお得意様だ。メジャー1号、2号はインディアンス戦。同年8月3日にはクレビンジャー(現パドレス)からメジャー初の2打席連発を記録した。19年9月11日にはプルトコから打球速度114マイル(約183.5キロ)の弾丸18号ソロ。対インディアンス戦は通算6本目のアーチとなった。通算12試合目で6本塁打と驚異的なペースでかっ飛ばしている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY