大谷翔平は“548億円男”より凄い? 3戦連発にファン断言「北米最高のアスリート」

14号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
14号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

バックスクリーンへの特大134メートル弾「全く違う惑星のアスリート」

■インディアンス 6ー5 エンゼルス(日本時間19日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、本拠地でのインディアンス戦で、第1打席に14号ソロを放った。「2番・指名打者」で先発出場。3年ぶりの3戦連発で、本塁打ダービーを独走する豪快弾に、ファンも様々な表現で称賛。「野球の神」「北米最高のアスリート」などの言葉が並んだ。

 大谷は初回1死、いきなり93.7マイル(約150キロ)のフォーシームを捉えた。打球速度112マイル(約180.2キロ)、440フィート(約134.1メートル)、角度31度と完璧な一発は、バックスクリーンへ。3戦連発は、2018年9月7日(同8日)の敵地・ホワイトソックス戦以来984日ぶり自身3度目となった。

 MLB公式ツイッターも「4.4.0 SHOTIME!」と大興奮で動画を公開。ファンからは「この男は全く違う惑星のアスリートだ」「レジェンドモードに入っている」「この男は実在の人物じゃない。信じないよ」などと激賞のコメントが続いた。北米4大スポーツでは昨年、NFLチーフスのパトリック・マホームズが10年総額5億300万ドル(約548億円)の巨額契約を結んだが、それに勝るとも劣らない大谷の躍動に全米が注目し始めている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY