大谷翔平、同点被弾&5回途中5K2失点で2勝目ならず 降板後に右翼へ、最速153キロ

「2番・投手」で先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
「2番・投手」で先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

投打同時出場は今季4度目、日本人最長4戦連発の期待

■エンゼルス ー インディアンス(日本時間20日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地のインディアンス戦で「2番・投手」で4度目の投打同時出場。投球では勝利投手の権利がかかった5回に同点弾を浴びた。4回2/3で5奪三振5安打2失点で今季2勝目はお預けとなった。降板後に右翼手に回った。フォーシームの最速は95.3マイル(約153.4キロ)で防御率2.37。打席では三直、中直と2打席凡退となっている。

 本塁打キングが複数の試合で先発マウンドに上がるのは1919年ベーブ・ルース(レッドソックス)以来102年ぶりだ。投球では初回2死二塁からレイエスの左翼線適時二塁打で先取点を献上。2回1死から四球を与えたものの、2者連続三振と寄せ付けなかった。1番打者から始まった3回は7球で3者凡退に抑えた。

 4回は先頭レイエスの左翼線二塁打でピンチを作ったが、後続を3人で仕留めた。勝利投手の権利がかかった5回。先頭・バウアーズに中越えソロを被弾した。4回2/3で5奪三振2四球、5安打2失点。72球を投げてストライク43球だった。

 初回1死の打席では右腕シバーレの3球目カットボールに反応。三直に打ち取られた。同点に追いついた3回2死二塁はフルカウントからカットボールを捉えたものの、中直に倒れた。打球速度は110.1マイル(約177.2キロ)だった。日本人最長の4戦連発となるか注目だ。

【動画】2勝目ならずも拍手喝采 大谷翔平が外野手グラブに持ち替えそのまま右翼へ

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY