「弁解の余地なし」「とにかく酷い」 大谷翔平が首を傾げたストライク判定に大ブーイング

首を傾げ渋い表情のエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
首を傾げ渋い表情のエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

第3打席で外角スライダーを見逃すも、球審はストライクをコール

■ツインズ 6ー3 エンゼルス(日本時間21日・アナハイム・ダブルヘッダー第2試合)

 エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、ツインズとのダブルヘッダー第2試合(7回制)に「2番・DH」でスタメン出場。3打席連続三振に終わり7試合ぶりのノーヒット。際どい判定に泣かされる場面もあり、ファンも「審判に責任を」「とにかく酷い」と不満の声を上げている。

 大谷の打席での表情が全てを物語っていた。6回先頭で迎えた第3打席。左腕ロジャースが初球、2球目に投じた外角スライダーはストライク判定に。自信を持って見送ったがまさかのコールに思わず首を傾げるほどだった。

 この問題の場面を「ピッチングニンジャ」の愛称で高度な分析を行い、現役メジャーリーガーや米メディアからも多数フォローされている名物セレブ、ロブ・フリードマン氏が自身のツイッターで「ショウヘイ、これが彼の普通なんだよ」と、球審への皮肉を込め動画を公開した。

 映像ではストライクゾーンから外れているように見えるため、ファンからは「とにかく酷い」「ロボット審判が必要」「正直、弁解の余地なし」「審判に責任を」「ショウヘイの表情と反応が全てを物語っている」と大ブーイングだった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY