大谷翔平は「毎晩のごとく伝説を…」 米専門メディアが絶賛する活躍の理由

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

「オオタニの伝説はほとんど毎晩のごとく広がり続けている」

 メジャーリーグでここまで単独トップとなる14本塁打を放っているエンゼルスの大谷翔平投手。メジャーでトップの本塁打を放ち、投げても160キロを超える真っ直ぐを投じて、防御率2.37と好投する。二刀流での驚異的な活躍ぶりに、米国内での注目度も日増しに高まってきている。

 米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・レポート」は「ショウヘイ・オオタニはMLBで現代のベーブ・ルースになっている」と題して二刀流右腕の活躍ぶりを分析。大谷がリアル二刀流で登板した19日(日本時間20日)にヤンキースのコーリー・クルーバー投手がノーヒットノーランを達成したが、それさえも大谷によって「二の次になった」とまで言及されている。

 記事では「オオタニはほとんど毎晩のごとく伝説を作り、広がり続けている。ベーブ・ルース以来のことで、我々がフィールド上で見たことがないことを彼はやってのけている」と絶賛の言葉が並び、ここまで大谷が残してきた数々の記録を紹介。大谷がメジャーで史上5人目となる通算60本塁打&100奪三振を達成したことも伝えている。

「適応できない選手はメジャーリーグでは生き残れない」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY