「優勝候補は阪神とロッテ」 球界OBが読み解く2年ぶりの交流戦の行方

阪神・矢野燿大監督(左)とロッテ・井口資仁監督【写真:荒川祐史】
阪神・矢野燿大監督(左)とロッテ・井口資仁監督【写真:荒川祐史】

元捕手・野口氏「対広島3連戦延期は阪神にとってプラスしかない」

 2年ぶりに開催される「日本生命セ・パ交流戦」が25日に開幕する。昨季はコロナ禍で中止。2年ぶりの開催はいったいどんな戦いが繰り広げられるのか。現役時代にヤクルト、日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で捕手として21年間活躍した野球評論家の野口寿浩氏が展望し、優勝候補には阪神とロッテを挙げた。

「優勝候補を挙げるなら、現在の勢いから見て阪神とロッテ。正直言うと、OBとして阪神に頑張ってもらいたい気持ちがあります」と野口氏は言う。阪神はドラフト1位ルーキー佐藤輝明内野手の活躍に引っ張られるように、セ・リーグ首位を快走中。背中の張りで2軍調整中の大山悠輔内野手も、22日のウエスタン・リーグ中日戦で実戦復帰し、交流戦開幕からの1軍合流にメドがついた。

 広島における新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、交流戦開幕直前の3連戦が延期となった阪神。野口氏は「主力野手は代わりに2軍戦に出場しており、試合勘が鈍る心配はない。登板過多気味の守護神スアレス、岩崎、岩貞やマルテ、サンズの両外国人にとってはいい休養になった。阪神にとってこの3連戦延期はプラスしかない」と断言する。

「セ・パの差は基本的に発掘力と育成力の差」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY