加藤豪将、今季1号ソロでメジャー昇格猛アピール 高め初球を豪快スイング

パドレス傘下3Aエルパソの加藤豪将【写真:Getty Images】
パドレス傘下3Aエルパソの加藤豪将【写真:Getty Images】

アストロズ傘下シュガーランド戦に「6番・左翼」でスタメン出場

 パドレス傘下3Aエルパソの加藤豪将内野手は24日(日本時間25日)、敵地で行われたアストロズ傘下シュガーランド戦に「6番・左翼」でスタメン出場。6回に今季1号となる右翼越えのソロ本塁打を放った。

 3点を追う6回2死で、5番のアンドレオリがソロを放って2点差に迫った直後だった。加藤は高めにきた初球を振り抜くと、打球は悠々と右翼スタンドを越えて着弾。メジャー昇格に向けバットでアピールした。

 この試合まで加藤は今季マイナーで12試合に出場し、39打数11安打、打率.282、2打点をマークしていた。

【動画】豪快フォロースルーで決めた パドレス傘下3A・加藤豪将の今季初本塁打

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY