打順テコ入れ、コーチ陣も配置転換 5発大勝のDeNA三浦監督「交流戦を機に…」

DeNA・三浦大輔監督【写真:小谷真弥】
DeNA・三浦大輔監督【写真:小谷真弥】

ソトが2打席連発と活躍するなど今季最多5本塁打が乱れ飛んだ

■DeNA 10ー3 オリックス(25日・横浜)

 セ・リーグで最下位に低迷するDeNAが、交流戦開幕と同時に見違えるような強さを見せた。25日に本拠地・横浜スタジアムで行われた交流戦初戦のオリックス戦。今季最多となる1試合5本塁打を放って10-3で快勝した。

 序盤からオリックス先発でパ・リーグを代表する右腕の山岡を攻略した。2回、先頭のタイラー・オースティン外野手が中前打で出塁すると、続く宮崎敏郎内野手が高めに浮いたフォークを左翼席へ運ぶ先制5号2ラン。2死後には、大和内野手も左翼ポール際へ1号ソロを放った。

 4回にはネフタリ・ソト内野手が左翼席へ6号2ランを浴びせ、この回で山岡をKO。5回には2番手の右腕・金田から主将の佐野恵太外野手がバックスクリーン左へ5号2ラン。2死後にソトが2打席連発の7号ソロで続き、この時点で8-0として早々と試合を決定づけた。DeNAの1試合5本塁打は、昨年8月1日の阪神戦(甲子園)以来となった。

 8回には桑原将志外野手の2点二塁打でダメ押し。投げては、先発のマイケル・ピープルズ投手が大量の援護を得て7回6安打1失点に抑えて今季2勝目(1敗)を挙げた。

2番に捕手を起用するのは球団では14年ぶり

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY