「なんで追いつけるん?」 鷹・今宮健太、驚異的な守備範囲にファンも感嘆

ソフトバンク・今宮健太【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・今宮健太【写真:荒川祐史】

ビシエドが放った痛烈な三遊間のゴロに追いつきキャッチ

■中日 2ー0 ソフトバンク(25日・バンテリンドーム)

 今季、驚異的な守備を何度も見せているソフトバンクの今宮健太内野手。25日に敵地バンテリンドームで行われた中日戦でも驚愕の守備範囲の広さを見せ、ファンの度肝を抜いた。

 この日はベンチスタートとなった今宮は7回に代走で起用され、そのまま遊撃の守備位置についた。守備の見せ場は8回。1死走者なしでビシエドが放った打球は三遊間への痛烈なゴロとなった。左前へ抜ける安打と思われた瞬間、今宮が横っ飛びで追いつき、ボールを掴み取った。

 懸命に体勢を起こして一塁へ送球。飛んだコースが深く、一塁でアウトにすることはできずに内野安打となったが、追いつく守備範囲が驚異的。このプレーを「DAZN(ダゾーン)」の公式ツイッターが紹介すると、ファンも「さすがよ!!」「なんで追いつけるん?」「よぅ届いたなぁ すげぇ」と感嘆していた。

【動画】「なんで追いつけるん?」今宮健太の驚愕の守備範囲の広さ

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY