大谷翔平の球団史上最速弾、解説者も見失う「打球を探そうとしたが既にスタンドに…」

第3打席で15号3ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
第3打席で15号3ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

グビザ氏「球場に多くの熱狂をもたらしている」

■エンゼルス 11ー4 レンジャーズ(日本時間26日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、本拠地のレンジャーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。4回の第3打席で15号本塁打を放った。4回2死一、三塁で2番手右腕・デゲウスから右翼ポール際へ飛ばした一発は飛距離380フィート(約115.8メートル)で、打球速度117マイル(約188.3キロ)はスタットキャストによる計測が始まった2015年以降では球団最速だった。

 その破壊力にネット裏からも驚きの声が上がった。地元テレビ局「バリースポーツ・ウエスト」の実況で、日本のファンにもお馴染みの親日家ホゼ・モタ氏は「サ・ヨ・ナ・ラ!」と絶叫。「3ランでエンゼルスが9-1とリードしています!」と伝えた。

 解説を務めたエンゼルスOBのマーク・グビザ氏も大興奮だ。「レーザービームでした。カウント3-2からカットボールかカーブを打つと思っていました。その球を打ちに行き、打球は凄い速さでフェンスを越えていきました」と説明。さらに「彼の手の動きの速さはアンビリーバブルです。私は上を見上げ打球を探そうとしましたが、既にスタンドに入っていました。彼はものすごく力強く、(スイングが)速いですね。そしてこの球場に多くの熱狂をもたらしています」と語った。

 弾丸ライナーで右翼席に突き刺した大谷の一振り。目にも止まらぬ一発にグビザ氏も驚きを隠さなかった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY