阪神ドラ1佐藤輝、球団新人初の1試合3本塁打! ももクロ聖地で「打てて良かった」

ヒーローインタビューに臨んだ阪神・佐藤輝明【写真:荒川祐史】
ヒーローインタビューに臨んだ阪神・佐藤輝明【写真:荒川祐史】

第1打席でバックスクリーンへ11号ソロ、第2打席は左中間へ12号ソロ

■阪神 10ー7 西武(28日・メットライフ)

 阪神ドラフト1位ルーキー・佐藤輝明内野手が28日、メットライフドームで行われた西武戦に「6番・右翼」で出場。9回の第5打席で試合を決める勝ち越しの13号3ランを放った。球団新人初の1試合3本塁打に「一番はチームが勝ったので嬉しい」と笑顔を見せた。

 衝撃の1試合3発だった。2回の第1打席で片手1本でバックスクリーンへ運ぶ11号ソロ、6回の第3打席でも左中間へ12号ソロ。

 さらに同点に追いついた9回の第5打席は2死一、三塁の好機。守護神・ギャレットの154キロ直球を弾き返し、右中間へ飛び込む特大の勝ち越し3ランで試合を決めた。

 試合後のヒーローインタビューでは「個人としても……。一番はチームが勝ったので嬉しい」と笑顔。ももいろクローバーZの大ファンで知られる佐藤輝。“ももクロの聖地”で豪快アーチを3本も放ったことについては「まぁ……。メットライフで打てて良かった」とファンの声援に応えていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY