大谷翔平、最速153キロで初回は無安打無失点 先頭打者に四球も痛打を許さず

アスレチックス戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
アスレチックス戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

1か月ぶりの今季2勝目を目指す

■アスレチックス ー エンゼルス(日本時間29日・オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、今季2勝目をかけて敵地・アスレチックス戦で今季7度目の先発マウンドに上がった。投打同時出場せずに投手に専念。初回は1奪三振無安打無失点と順調な立ち上がりを見せた。フォーシームの最速は95.0マイル(約152.9キロ)。

 初回、先頭・カナに四球を与えた。いきなり走者を背負ったが、ケンプを中直。オルソンを中飛に打ち取り、ブラウンをスプリットで空振り三振に仕留めた。16球を投げてストライク8球。

 前回登板は最速153キロ、平均146キロとフォーシームが走らなかった。周囲から蓄積疲労などを心配する声があがっていた。当初、前日27日(同28日)に先発登板する予定だったが、大谷らが乗ったチームバスが事故渋滞に巻き込まれて地下鉄バートに乗り換えて球場入り。登板前に十分な準備が出来ず、登板は1日延期となった。仕切り直しの一戦。4月26日(同27日)の敵地・レンジャーズ戦以来1か月ぶりの勝ち星を目指す。

【動画】敵地でも抜群の注目度 アップする大谷を観るために多くのアスレチックスファンが集まった様子

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY