大谷翔平、158キロ直球の三振併殺に雄叫び 内角球に打者激昂も力でねじ伏せる

アスレチックス戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
アスレチックス戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

1か月ぶり2勝目へ3回まで4奪三振1安打無失点

■アスレチックス ー エンゼルス(日本時間29日・オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、今季2勝目をかけて敵地・アスレチックス戦で今季7度目の先発マウンドに上がった。3回投球中に両軍ベンチからナインが飛び出す乱闘騒動が起きた。

 3回無死一塁。カナへの2球目、93.3マイル(約150.2キロ)のフォーシームが内角高めに抜けた。この1球にカナがエキサイト。捕手・スズキと言い合いになり、両軍ベンチから選手が飛び出す事態となった。球場内も騒然となった。

 結局、カナをこの日最速97.9マイル(約158キロ)のフォーシームで空振り三振。アンドラスの二盗を阻止して三振ゲッツーとし、雄叫びを上げガッツポーズを見せた。3回まで4奪三振2四球、1安打無失点と好投している。

【動画】大谷翔平の厳しい内角攻めに相手打者が激怒で一触即発の場面

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY