この週末は「パTV」で交流戦全試合が楽しめる ロッテの大逆転など過去の名シーンも

「パTV」は交流戦期間中もパ・リーグ主催の試合を完全生配信【画像:パーソル パ・リーグTV】
「パTV」は交流戦期間中もパ・リーグ主催の試合を完全生配信【画像:パーソル パ・リーグTV】

「パ・リーグ.com」では選手を出身地から検索可能

 リーグの垣根を超えた熱戦が2年ぶりに帰ってきた。5月25日に開幕した「日本生命セ・パ交流戦」が開幕。2019年は58勝46敗4分でパ・リーグが10年連続の勝ち越しを決めており、今季の行方に大きな注目が集まっている。

「パーソル パ・リーグTV」では「日本生命セ・パ交流戦」期間中もパ・リーグ主催の試合を完全生配信する。それに伴い5月28日からの3連戦で「無料キャンペーン」を実施。通常は有料プランのユーザーのみとなる機能を無料で使用できる。そこで今回は魅力的な機能はもちろんのこと、キャンペーン中の見どころや過去の名場面をピックアップし、紹介する。

 ZOZOマリンスタジアムでは28日から広島との熱い3連戦が始まる。ロッテの交流戦といえば2019年6月16日の中日戦を思い浮かべる方が多いだろう。7対2で迎えた最終回、打者一巡の猛攻で6得点を奪いサヨナラ勝利を収めた。

 この鮮烈な逆転劇を「イニングVOD(ビデオオンデマンド)機能」で振り返ると当時の興奮が蘇る。鈴木大地内野手(現楽天)が本塁打を放つと、中村奨吾内野手、藤岡裕大内野手の適時打で7対6と1点差に詰め寄る。2死満塁のチャンスで鈴木大地がバットを折りながら打球をライト前に運び、逆転サヨナラ勝利につなげた。ロッテの勝利への執念が詰まった勝負強い攻撃を「イニングVOD機能」で堪能してほしい。

 広島で注目したいのは2019年6月5日の西武戦だ。5対1の4点リードで迎えた8回表、田中広輔内野手が満塁本塁打をファンの待つライトスタンドへ叩き込んだ。この日は猛打賞、5打点を記録し、お立ち台にも上がった。田中広の勝ち越し適時打はマルチアングルVODでも見ることができる。是非チェックしてもらいたい。

 また「ごっちゃし」のホームランパフォーマンスで知られるロッテ・井上晴哉内野手は広島県出身。ちなみに広島県出身の選手はソフトバンク柳田悠岐外野手、日本ハムの中田翔内野手、大田泰示外野手……と強打者揃いだ。「パ・リーグ.com」ではパ・リーグの選手を出身地から検索できる。自分と同郷の選手を探してみてはいかがだろうか。

○ロッテ対広島、無料ライブ配信スケジュール

・5月28日(金)17:45開始
・5月29日(土)14:00開始
・5月30日(日)14:00開始

※5月27日(木)12:00時点での配信スケジュールで、予定変更の場合あり。

楽天太田は2年前の交流戦でプロ初安打&初本塁打をマーク

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY