ソフトバンクは後半戦に“上がり目”? 1軍復帰が待たれるパ球団の主力たち

ソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】

千賀をはじめ、主力が大量離脱しているソフトバンク

 プロ野球は2年ぶりに開催された「日本生命セ・パ交流戦」の真っ只中。セ・リーグは阪神、パ・リーグはソフトバンクが首位に立っている。コロナ禍での紆余曲折はありながらも、各球団が50試合前後を消化し、ペナントレースも3分の1を過ぎた。

 各チーム、主力選手が奮闘する一方で、本来であれば1軍にいるべき選手が不在であるケースも。そこで、今後の各球団の“上がり目”となりうる、現在1軍に不在の主な主力選手を見てみよう。今回はパ・リーグだ。

【ソフトバンク】
投手:千賀滉大、森唯斗、甲斐野央、高橋礼、レイ、モイネロ
野手:デスパイネ、グラシアル

【楽天】
投手:岸孝之、牧田和久
野手:藤田一也、ディクソン、カスティーヨ、銀次

【ロッテ】
投手:石川歩
野手:田村龍弘

【西武】
投手:増田達至、小川龍也、ニール
野手:外崎修汰、源田壮亮

【オリックス】
野手:ジョーンズ

【日本ハム】
投手:秋吉亮、公文克彦
野手:中田翔、中島卓也

 現在、首位に立つソフトバンクだが、不在の主力選手が多い。エースの千賀は足首の怪我でリハビリを続けており、守護神の森は左肘の手術を受けて入院中。モイネロ、デスパイネはキューバ代表として五輪最終予選に参加しており、グラシアルは右手薬指の骨折などで、こちらもリハビリ組だ。

楽天も岸や牧田、銀次らベテラン勢がファームで調整中

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY