セ最下位“独走”も交流戦では2位浮上 DeNAが強力パ球団と互角以上に戦える理由とは?

DeNA・三浦大輔監督【写真:小谷真弥】
DeNA・三浦大輔監督【写真:小谷真弥】

打線が好調、交流戦7試合中4試合が2桁安打

■DeNA 4ー3 ソフトバンク(1日・横浜)

 セ・リーグ最下位を“独走”するDeNAが1日、本拠地・横浜スタジアムで行われたソフトバンク戦に4-3で逆転勝ちした。3・4月は6勝21敗4分(勝率.222)の無残なスタートとなったが、5月は9勝10敗3分(同.474)と健闘。6月最初の試合でも劇的な勝利を収め、交流戦は4勝2敗1分で首位・中日に1ゲーム差の単独2位に浮上した。

 薄氷を踏むような勝利ではあった。1点リードの9回、守護神・三嶋が2死から牧原大に四球を与えると、代走として昨季50盗塁でタイトルに輝いた周東が登場。三嶋は続く代打・明石のカウントを0-1とした後、一塁への牽制球が悪送球となった。しかし、一気に二塁を蹴り三塁を狙った周東を、バックアップした二塁手・牧が好送球で刺し、急転直下のゲームセット。三浦大輔監督は「最後にミスが出て課題が残ったが勝ててよかった。これを一戦一戦続けていくだけです」と相好を崩した。

 2点を追う8回の攻撃では1死一、二塁の好機に宮崎が左翼フェンス直撃の適時二塁打を放ち1点差。ソトの敬遠で1死満塁とすると、ドラフト2位ルーキーの牧がこの日4安打目となる中堅フェンス直撃の逆転2点二塁打を浴びせた。

 コロナ禍で来日が遅れたオースティン、ソトの両外国人は4月13日に1軍合流し、徐々に状態を上げるに従い、打線全体に流れが生まれた。この日も10安打を放ち、交流戦7試合中4試合が2桁安打。王者・ソフトバンクも顔負けの打棒を振るっている。本拠地が両翼94メートル、中堅118メートルと狭いこともあるが、打線の破壊力で勝負するDeNA野球のイメージはむしろパ球団に近く、交流戦では水を得た魚のように見える。

救援投手陣も奮闘、5回から8回まで3投手がパーフェクト投球

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY