大谷翔平と2本差 ゲレーロJr.が両リーグ単独トップ17号、“新本拠地”で技あり弾

17号3ランを放ったブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.【写真:ロイター】
17号3ランを放ったブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.【写真:ロイター】

バッファローでは大リーグ有観客試合が行われるのは106年ぶり

■ブルージェイズ ー マーリンズ(日本時間2日・バッファロー)

 ブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.内野手は1日(日本時間2日)、米ニューヨーク州バッファローで行われたマーリンズ戦で「3番・一塁」で先発出場。3回の第2打席で両リーグ単独トップに立つ17号3ランを放った。

 3回1死一、二塁。アルカンタラの内角スライダーを両腕をたたんで豪快に振り抜いた。左中間へ消える17号3ラン。飛距離412フィート(約125.6メートル)、打球速度は110.3マイル(約177.5キロ)と高速だった。本塁打王争いではレンジャーズ・ガルシア、ブレーブス・アクーニャJr.、パドレス・タティスJr.を抜いてメジャートップとなった。エンゼルス・大谷翔平とは2本差。

 この日からブルージェイズは傘下3Aバッファローの本拠地セーレン・フィールドを本拠地として使用する。昨季も本拠地として使用したが、大リーグの有観客試合がバッファローで開催されるのは106年ぶりだった。ブルージェイズ主砲がド派手な“祝砲”をあげた。

【動画】内角スライダーに両腕をたたんで…ゲレーロJr.のメジャー単独トップに立つ技あり17号3ラン

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY