大谷翔平、代打待機も今季2度目の欠場 日本人初“スプラッシュ・ヒット”もお預け

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

5・21ツインズとのWヘッダー第1試合以来の欠場、チームは大勝

■エンゼルス 8ー1 ジャイアンツ(日本時間2日・サンフランシスコ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は1日(日本時間2日)、指名打者制のない敵地・ジャイアンツ戦でベンチスタート。そのまま出場機会はなく、今季2度目の欠場となった。チームは8-1で大勝した。

 大谷の欠場は5月20日(同21日)に本拠地で行われたツインズとのダブルヘッダー第1試合以来だ。2日(同3日)は試合がなく、休養十分で3日(同4日)からのマリナーズ4連戦に臨むことになりそうだ。

 この日、本塁打王を争うブルージェイズのゲレーロJr.、ブレーブス・アクーニャJr.が両リーグ単独トップに立つ17号を放った。シーズン15本塁打の大谷はメジャー5位、リーグ3位に後退した。

 前日5月31日(同1日)の同戦では9回2死に代打で出場し、四球を選んだ。ジャイアンツ投手にはファンからブーイングが浴びせられた。今季の打者成績は50試合出場し、打率.263、15本塁打、40打点、7盗塁。また、次回登板は4日(同5日)の本拠地・マリナーズ戦に決まっている。

【動画】ベンチでチームメートと談笑する大谷翔平

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY