3日の公示 西武内海は古巣・巨人戦先発で12球団勝利目指す 鷹レイが来日初登板

西武・内海哲也【写真:荒川祐史】
西武・内海哲也【写真:荒川祐史】

巨人は田中豊を登録、ヤクルトはサイスニード登録

 3日のプロ野球公示で、西武は内海哲也投手を出場選手登録した。この日に迎える今季初マウンドの相手は、古巣の巨人。自身にとっては2018年8月28日の広島戦以来1010日ぶりとなる東京ドームで、12球団勝利を目指す。

 巨人は田中豊樹投手を登録し、横川凱投手を抹消。ソフトバンクでは、新助っ人のコリン・レイ投手が昇格し、杉山一樹投手が抹消された。レイは、この日のDeNA戦(横浜)で来日初登板初先発する。

 ヤクルトは、楽天戦(神宮)に先発するサイスニード投手を登録。ロッテは本前郁也投手と菅野剛士外野手を登録。井上晴哉内野手を抹消した。

【セ・リーグ】
■出場選手登録
巨人 田中豊樹投手
ヤクルト サイスニード投手

■出場選手登録抹消
巨人 横川凱投手

【パ・リーグ】
■出場選手登録
ソフトバンク C・レイ投手
ロッテ 本前郁也投手
ロッテ 菅野剛士外野手
西武 内海哲也投手

■出場選手登録抹消
ソフトバンク 杉山一樹投手
ロッテ 井上晴哉内野手

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY