母親からは「和田毅になれ」 DeNA、福岡出身左腕・坂本が鷹相手に6回無失点の快投

DeNA・坂本裕哉【写真:荒川祐史】
DeNA・坂本裕哉【写真:荒川祐史】

小学校低学年の頃はサッカーに興味も…

■DeNA 4ー3 ソフトバンク(3日・横浜)

 DeNAの坂本裕哉投手が3日、本拠地・横浜スタジアムでソフトバンク戦に先発し、6回5安打無失点の快投。降板後に救援投手が打たれ今季2勝目こそ逃したが、福岡出身の左腕が地元球団との初対戦で成長の跡を見せた。このまま先発ローテに定着し、セ・リーグ最下位に低迷するDeNAの救世主となるか。

 柳田に対しても臆することはなかった。いきなり1回1死一、三塁の先制機で強打者を迎えたが、カウント1-1から内角低めのチェンジアップを打たせて三飛。犠飛すら許さなかった。続く中村晃も二ゴロに打ち取り、先制点を与えなかったことで、チームに流れを呼び込んだ。その裏にはオースティンの先制3ランが飛び出した。

 3回2死一塁での柳田の第2打席も、同じく内角低めのチェンジアップを振らせ、三振に仕留めた。自己最長の6回を投げ終えた時点で、球数は89。余力もあったが、三浦大輔監督は「我慢強く投げていたが、調子自体は絶好調ではなく、ストライクとボールがはっきりしていた」と見て、7回にエスコバーへスイッチ。そのエスコバーが松田に同点3ランを被弾したのは誤算だったが、DeNAは8回の攻撃で大和が勝ち越し二塁打を放ち、4-3で勝利をものにした。

母親はソフトバンク和田のファン「鏡の前で真似をさせらました」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY