日本人初“幻の160キロ”右腕の今 猛批判のメジャー挑戦に「悔いなんかない」

元西武の前田勝宏氏【写真:編集部】
元西武の前田勝宏氏【写真:編集部】

元西武の前田勝宏氏、1994年のハワイ・ウインターリーグで100マイルを計測

 エンゼルスの大谷翔平投手は今年、完全復活を果たし“リアル二刀流”で全米を沸かせている。投げては160キロを超える直球でメジャーリーグの強打者たちを圧倒しているが、今から27年前に非公式ながら日本人で初の160キロをマークした男をご存じだろうか?

 現在、兵庫県神戸市のスポーツ店でベースボールアドバイザーを務めている前田勝宏氏。1992年のドラフト2位で西武に入団。1994年のオフにハワイのウインターリーグに参加し100マイル(約161キロ)をマークしたことでメジャースカウトの目に留まった。

「中学生からアメリカの野球に興味があったので、いつか勝負したいとずっと思っていた。色々と批判もされましたが一回しかない自分の人生なので」

 球団にはメジャー数球団から身分照会が来たが、本人は知ることなく同年は西武と契約。1995年オフには紆余曲折を経て、年が明けた1996年5月に金銭トレードでヤンキース移籍が決まる。

 だが、3年間で25試合に登板し0勝2敗、防御率4.89と実績のない右腕の“わがまま”ぶりに当時、世間の目は厳しかった。「当時は思い切り腕を振るだけのピッチングスタイル。考える野球はしてこなかった。1A、2Aでも打たれる。そこで何か取り入れようとしたらもうダメだった。マウンドに上がって考えると途中から投げられなくなった」。試行錯誤する中で直球は球速90マイル(約145キロ)まで低下した。

5か国を渡り歩き2010年に現役を引退も…マスターズ甲子園の存在を知り“現役復帰”

RECOMMEND

RELATED