大谷翔平、今季5度目の“リアル二刀流”に指揮官期待「非常に力強く感じている」

会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)

「休みが2日ほどあり、とても休養が取れたと感じている」

■エンゼルス ー マリナーズ(日本時間5日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地でのマリナーズ戦にDHを解除した投打同時出場の「2番・投手」で登板する。試合前にジョー・マドン監督は「とても休養が取れて今は非常に力強く感じている」と期待を込めた。

 この日、大谷は今季5度目の“リアル二刀流”でマウンドに上がる。前日の同戦では「2番・DH」で出場し4打数無安打に終わったが、1日(同2日)のジャイアンツ戦を欠場し翌2日(同3日)は休日ということもありマドン監督は「休みが2日ほどあり、とても休養が取れたと感じている」と、大谷の状態を語った。

 前日の試合後には「明日、投打両方やりたいです」と大谷から“リアル二刀流”を直訴されたことも明かし「今は非常に力強く感じている」と期待。また、大谷の投球フォームの変化についても言及し「最近はクイックステップをほぼ毎回使っている。100球投げる中で80%ほどかな。制球もよりいい状態になっていると思う」と評価していた。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY