澤村拓一、“宿敵斬り”の2回0封5奪三振 敵将も賛辞惜しまず「非常に良い投球」

ヤンキース戦に2番手で登板したレッドソックス・澤村拓一【写真:ロイター】
ヤンキース戦に2番手で登板したレッドソックス・澤村拓一【写真:ロイター】

ヤンキース打線は15三振「ランナーがいる場面でもっと頑張らなければいけない」

■Rソックス 5ー2 ヤンキース(日本時間5日・ニューヨーク)

 レッドソックスの澤村拓一投手は4日(日本時間5日)、敵地でのヤンキース戦に7回から2番手で登板。2イニングを無安打5奪三振1四球無失点の好リリーフで5-2の勝利に貢献した。チーム全体で15三振を喫した敵将のブーン監督も「特に救援陣が非常に良い投球をしていた、三振もその一部だ」と、賛辞を送っていた。

 剛腕が宝刀スプリットでヤンキース打線をねじ伏せた。7回は先頭のサンチェスから3者連続三振を奪うと、イニング跨ぎとなった8回は、先頭のスタントンに四球を与えたがジャッジ、ウルシェラを連続三振。最後はトーレスを二飛に仕留める快投だった。

 地元TV局「YESネットワーク」はブーン監督のコメントを紹介。先発のイオバルディ、澤村、バーンズの3投手から計15三振を喫し敗れ「特に救援陣が非常に良い投球をしていたように思う。三振もその一部だが、特にランナーがいる場面でもっと頑張らなければいけない」と敗戦の弁を語っていた。

 澤村はこれで今季21試合に登板し22回2/3を投げ1勝0敗、防御率2.78。イニング数を超える33三振を奪っている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY