巨人ウィーラーどこ行った? フェンスに隠れた“美技”に場内騒然「この球際の強さよ」

好守を見せ若林(右)とタッチを交わす巨人のゼラス・ウィーラー【写真:編集部】
好守を見せ若林(右)とタッチを交わす巨人のゼラス・ウィーラー【写真:編集部】

あわやフェンス正面衝突…危機一髪の果敢なファインプレー

■日本ハム 6ー4 巨人(5日・東京ドーム)

 巨人のゼラス・ウィーラー内野手が5日、場内釘付けの美技を見せた。本拠地での日本ハム戦に「2番・左翼」でスタメン出場。左翼ファウルゾーンに飛んだ打球を全力でスライディングキャッチした姿に「この球際の強さよ」などと称賛の声が上がっている。

 3回2死走者なしで、日本ハムのドラフト2位・五十幡が放った打球は、左翼ファウルゾーンのフェンス際ぎりぎりに飛んだ。ウィーラーは全力疾走のまま、滑り込みながら打球を好捕。勢い余ってフェンスに接触したが、すぐに立ち上がっていつもの笑顔を見せた。チームは敗れ、自身もバットでは4打数無安打だったが、元気印の助っ人はいつも全力プレーを貫いている。

 東京ドームが沸いたプレーを「DAZN」の公式ツイッターが動画で公開。バックネット裏からのカメラでは、キャッチの瞬間にウィーラーの姿はフェンスに隠れていた。角度によっては見えない観客もいた貴重な一場面に、ファンからは「ナイスプレー」「ウィーラーが来たおかげでチームが明るくなったと思ってる」「#ウィーラーしか勝たん」などとコメントが寄せられた。

【動画】「この球際の強さよ」 巨人ウィーラーの危機一髪のファインプレー

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY