大谷翔平、181キロ&133mの“弾丸特大”16号にエ軍OB大興奮「これがパワースイング」

16号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】
16号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

初回の第1打席でバックスクリーン左へ8試合ぶりの一発

■エンゼルス ー マリナーズ(日本時間6日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地のマリナーズ戦に「2番・DH」で出場。第1打席でメジャー4位タイの16号ソロを放った。打球速度181キロ、飛距離133メートルの“弾丸特大アーチ”に実況も「これがオオタニのパワースイング」と大興奮だった。

 花巻東の先輩・雄星との2年ぶりの対決。大谷は初回1死走者なしで迎えた第1打席でバックスクリーン左へ飛び込む先制ソロ。打球速度112.5マイル(約181キロ)、飛距離436フィート(約133メートル)の豪快弾だった。

 地元TV局「バリー・スポーツ・ウエスト」もこれには大興奮。実況を務めるダロン・サットン氏は「ショウヘイ! ホームランで友人と再会だ!」と絶叫。解説のエンゼルスOBマーク・グビザ氏も「これがオオタニのパワースイングです! ウチマシタ! キクチから2本目! 初球に飛びつきダメージを与えた」と日本語を交え大谷の一発を称えていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY