菊池雄星、アクシデント降板は右膝の打撲と球団発表 4回5安打8奪三振4失点

右膝付近に打球を受けたマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
右膝付近に打球を受けたマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

5回無死一塁の場面でフレッチャーが放った強烈な打球が直撃

■エンゼルス ー マリナーズ(日本時間6日・アナハイム)

 マリナーズの菊池雄星投手が5日(日本時間6日)、敵地でのエンゼルス戦に先発。4回まで8奪三振の好投を見せていたが、5回に右膝付近に打球が直撃し負傷降板。球団からは右膝の打撲であることが発表された。

 菊池は初回1死走者なしから大谷にバックスクリーン左へ先制ソロを被弾。4回にはスタッシにソロを浴びたが力強い直球とスライダーを武器に力投を見せていた。

 だが、迎えた5回。無死一塁の場面でフレッチャーが放った強烈な打球を右膝あたりに受け、その場で転倒。起き上がることができず、両肩を抱えられてベンチ裏へ。4回0/3で5安打4失点で無念の降板となった。

 試合中に球団は菊池の降板が「右膝打撲」であることを発表した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY