折れたバットが観客に直撃 生々しいアザ…命関わる“恐怖”「顔に当たっていたら…」

カブスのハビアー・バエス【写真:Getty Images】
カブスのハビアー・バエス【写真:Getty Images】

勢いよく回転するバットがスタンド襲う「あれは痛いに違いない!」

■ジャイアンツ 4ー3 カブス(日本時間6日・サンフランシスコ)

 打者がスイングした際に折れたバットが、スタンドの観客に直撃するアクシデントが起きた。5日(日本時間6日)に行われたジャイアンツ-カブス戦。当たった男性客の足にバットの跡が生々しく残った映像に、「刺さらなくてよかった」「もっと酷いことになっていたかもしれない。ついてたね」との声が上がっている。

 6回表2死走者なしで、カブスのハビアー・バエスが内角の球をファウルにした瞬間だった。根元から折れたバットは、回転しながら三塁スタンドを襲った。“凶器”と化した木材は、座って試合を見ていた男性を直撃。左太ももにくっきりとアザが浮かび上がった。

 バットの当たる角度によっては、刺さってもおかしくなかった恐怖のシーン。FOXスポーツMLB公式インスタグラムが「うー、あれは痛いに違いない!」と添えて動画で公開すると、ファンも続々と反応。「私なら訴える」「あぶないよ…」「跡がくっきり残ってるね」「顔に当たっていたら悲惨なことになっていただろう」などのコメントが並んだ。

【動画】「顔に当たっていたら…」 折れたバットが観客に直撃する恐怖

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY