大谷翔平に「打たせろよ!」 絶好機の申告敬遠に地元局も不満「ビビってやがる」

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷の1試合3四球は渡米後初めて

■マリナーズ 9ー5 エンゼルス(日本時間7日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地のマリナーズ戦で「2番・指名打者」で先発出場した。2回2死二、三塁では申告敬遠で歩かされるなど渡米後初の1試合3四球。2打数無安打で打率.256となった。地元放送局「バリー・スポーツ・ウエスト」公式ツイッターは申告敬遠の場面に注目した。

 なかなか勝負させてもらえない。同点の2回2死二、三塁。大谷はカウント2ボールとなったところで申告敬遠で歩かされた。続くレンドンは遊ゴロに倒れて、この回は勝ち越せず。バリー・スポーツ・ウエストは「ヤツらはビビってやがる」と大谷の申告敬遠を動画付きでツイートした。

 申告敬遠は今季2個目。ファンからは「そうだ、ヤツらはビビっていた」「ショウヘイに打たせろよ!」「boooo」「ピッチャーに申告敬遠」などとコメントされた。初回、9回でも四球を選び、1試合3四球は渡米後初めて。勝負を避けられ、日米のエンゼルスファンは納得いかない様子だった。

【動画】大谷も勝負したかった? 2回勝ち越し機で申告敬遠、球場内も騒然

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY