三振コールの前に「投げた勢いで帰ってる笑」 投手の“確信歩き”が「スマート」

投手の“確信歩き”にパTVが注目した【画像:パーソル パ・リーグTV】
投手の“確信歩き”にパTVが注目した【画像:パーソル パ・リーグTV】

“確信歩き”は本塁打放った打者のものだけじゃない

 5月下旬から熱戦が繰り広げられている「日本生命セ・パ交流戦」。普段は見ることができない投手と打者の対戦は、痺れる場面を演出している。打者が本塁打と分かる打球を放った際の“確信歩き”はファンの市民権を得たが、実は投手にも……。意気揚々とマウンドから降りる姿の数々に「確信歩きは打者も投手もカッコいいな」「凄いとこ注目してるな」と好評を得ている。

「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeチャンネルが「【もうひとつの交流戦】投手版・確信歩きは…『二死からの見逃し三振』!?」と題した動画を公開。3アウト目を奪う見逃し三振の瞬間、球審のコールとほぼ同時にベンチに向かって歩き出す投手たちの姿は、痛快極まりない。

 動画では、ロッテ・美馬やオリックス・宮城、ソフトバンク・和田、西武・森脇らの“確信歩き”が切り取られている。秀逸な着眼点に、ファンからも「森脇の確信歩き好き。投げた勢いでそのまま帰ってる笑」「実際の確信は戻るパターンが多い」「和田投手の歩き方スマートでかっこいい」などとコメントが寄せられていた。

【動画】「投げた勢いでそのまま帰ってる笑」 千差万別…投手の“確信歩き”

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY