大谷翔平、2試合連続3四球に本拠地は大ブーイング トラウト離脱後17戦15四球と急増

「2番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】
「2番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

初回、2回、7回と四球で歩かされた、シーズン16本塁打のまま

■エンゼルス ー ロイヤルズ(日本時間8日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、本拠地のロイヤルズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。初回、2回と2打席連続四球を選び、7回無死二塁でも四球で出塁した。メジャー自己最多3四球を2試合連続で記録した。

 なかなか勝負させてもらえない。4点リードの7回無死二塁。通算140セーブのデービスからストレート四球で出塁した。1試合3四球はメジャー自己最多で2試合連続で記録。本拠地ファンは大ブーイングだった。トラウトの負傷者リスト入りした5月18日以降は17試合で15四球と急増している。

 初回1死の四球出塁後は暴投で二進し、レンドンの左前適時打で先制のホームへ滑り込んだ。三遊間への打球。打球が左前へ抜けてから加速したが、悠々と生還した。2回2死の四球後は今季9個目の盗塁。寝そべるようにしてタッチをかいくぐった。得点にはつながらなかったものの、2試合連続で二盗を記録した。足でチームに貢献している。

 シーズン16本塁打はリーグ2位タイ。両リーグトップを走るブルージェイズ・ゲレーロJr.とは2本差のままだ。豪快アーチを期待するファンにとってはもどかしい日々となっている。

【画像】大谷は勝負を避けられていた? 3四球の8日ロイヤルズ戦、ほとんどストライクのこない大谷への投球分布図

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY