澤村拓一は「アメージング」 同僚も満塁斬りの“魔球”に衝撃「僕には投げられない」

マーリンズ戦に4番手で登板し2勝目を挙げたレッドソックス・澤村拓一【写真:AP】
マーリンズ戦に4番手で登板し2勝目を挙げたレッドソックス・澤村拓一【写真:AP】

マーリンズ相手に1回1/3を無失点で3戦連続0封、防御率は2.63に

■Rソックス 5ー3 マーリンズ(日本時間8日・ボストン)

 レッドソックスの澤村拓一投手が7日(日本時間8日)、本拠地で行われたマーリンズ戦の6回に4番手として登板。1回1/3を1四球2奪三振無失点に抑えて5-3の勝利に貢献し、日米通算50勝となるメジャー2勝目(無敗)を手にした。3試合連続無失点で防御率2.63と安定した投球を続ける右腕を、同僚投手も称賛している。

 5-2と3点リードの2死一、二塁でマウンドに上がった澤村は、最初の打者マルテにストレートの四球を与えて満塁とした。しかし、続くアギラールを93.9マイル(約151キロ)のスプリットで空振り三振。雄叫びを上げながらマウンドを降りた。回を跨いだ7回はディッカーソンを左飛、クーパーをこの日最速の97.1マイル(約156キロ)で二ゴロ、デュバルを94.1マイル(約151.4キロ)のスプリットで空振り三振。危なげなく3人で退けた。

 2日(同3日)のアストロズ戦、4日(同5日)のヤンキース戦に続いて3試合連続無失点。22試合24回を投げて33奪三振、防御率2.63の成績を残している右腕に同僚も賛辞を送る。8回途中から6番手で登板して今季3セーブ目を挙げたアダム・オッタビーノ投手は「彼はアメージングだよ。球も速いし、勤勉だし、集中力もある。渡米1年目でこれ以上は考えられないぐらいスムーズに適応しているよ。彼にとってもチームにとってもとても良いことだ」と語った。

 さらにオッタビーノは澤村の宝刀スプリットに驚きの声をあげている。「間違いなく球界で一番速いスプリットだと思う。もしかしたら今までで一番速いかもしれない。速いだけじゃなくて変化量もある。手から離れた時には打者は間違いなく速球だと思っているだろう。とてもユニークな球だ。投げ方を見せてもらったことがあるけど、僕には投げられそうにないよ」と評した。

 先発して4回2/3で降板したニック・ピベッタ投手は澤村らブルペン陣に感謝。「彼らは素晴らしい仕事をしてくれた。彼らが失点しなかったおかげで勝つことができた。オッタビーノは非常に大きな仕事をしてくれたし、JT(5番手で登板したジョシュ・テイラー)もサワ(澤村)もそうだ。グループとして非常に良いボールを投げているし、たとえ登板が早くなっても彼らには大きな信頼がある」と述べた。

 救援陣の一角としてなくてはならない存在になりつつある澤村。同僚投手からも信頼を集めている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY