大谷翔平、2戦連続3四球は球団28年ぶり 指揮官は苦笑い「相手がストライク投げない」

会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)

2試合連続3四球はエンゼルスでは1993年チリ・デービス以来28年ぶり

■エンゼルス 8ー3 ロイヤルズ(日本時間8日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、本拠地のロイヤルズ戦で「2番・指名打者」で先発出場し、2試合連続3四球を記録した。大リーグ公式サイトのアンドリュー・シモン記者によると、2試合連続3四球は球団では通算350本塁打を放った1993年チリ・デービス以来28年ぶり。ジョー・マドン監督は「相手がストライクを投げないんだ」と思わず苦笑いを浮かべた。

 なかなか打つチャンスもなかった。4点リードの7回無死二塁。大谷は通算140セーブのデービスからストレート四球で歩かされた。メジャー自己最多タイの1試合3四球を2試合連続で記録。本拠地ファンは大ブーイングだった。それでも、マドン監督は四球を選ぶ打者・大谷を高く評価した。

「ショウヘイが(打とうと)ストライクゾーンを広げていないのは、いいことだ。超一流選手たちが過去に受けてきたのと同じ扱いだ。そこでボール球に手を出さないようにしていれば、チームにとってもプラスになる。それが全てだ。対戦相手はただただ、彼に投げないことを選んでいるんだ」

 主砲マイク・トラウト外野手が右ふくらはぎ痛で負傷者リスト入りした5月18日以降は17試合で15四球(2敬遠を含む)と急増している。ファンが期待する本塁打数は伸びにくいが、それだけ得点のチャンスは増す。四球増は相手バッテリーからも強打者と認められたと言っていい。
 
 バットから快音が響かなくても、足で貢献できるのが大谷だ。初回1死の四球出塁後は暴投で二進し、レンドンの左前適時打で先制のホームへ滑り込んだ。三遊間への打球。打球が左前へ抜けてから加速したが、悠々と生還した。2回2死の四球後は今季9個目の盗塁。寝そべるようにしてタッチをかいくぐった。得点にはつながらなかったが、2試合連続二盗を記録した。

 シーズン16本塁打はリーグ2位タイ。両リーグトップを走るブルージェイズ・ゲレーロJr.とは2本差で、まだまだ射程圏内だ。マドン監督は「大きいのはショウヘイが忍耐力を維持していることだ。ボール球にあまり手を出さないようにしているね」と評価した。好球必打の打撃スタイルを崩さず、今後の活躍へつなげてほしいところだ。

(小谷真弥 / Masaya Kotani)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY