「成功からは学べない」 鷹・工藤監督、盗塁失敗の周東を責めなかったワケ

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

同点で迎えた9回に周東が盗塁失敗、柳田は二塁を狙い憤死

■ソフトバンク 1ー1 広島(8日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは8日、本拠地・PayPayドームで広島と交流戦を戦い、1-1の引き分けに終わった。武田翔太、大瀬良大地の両先発が投手戦を展開。9回には栗林良吏投手からチャンスを作ったものの、得点は奪えなかった。

 絶好のサヨナラ機を生かせなかった。同点で迎えた9回。先頭の柳町が中前安打で出塁すると、ソフトバンクベンチはすかさず代走に“切り札”周東を起用した。続く栗原の打席では盗塁のスタートは切れず、栗原は中飛に。1死一塁となり、主砲の柳田が打席に立った。

 1ストライクからの2球目に周東は盗塁を狙った。広島バッテリーの選択はウエスト。會澤がストライク送球で、周東は敢えなく盗塁に失敗。サヨナラのチャンスは、一転、2死走者なしに変わった。

 ここから柳田は左中間への安打を放つ。一塁を蹴ると、積極果敢に二塁を狙った。猛スピードで滑り込み、塁審の判定はセーフ。だが、広島・佐々岡真司監督からのリクエストによりリプレー検証が行われ、判定が覆りアウトとなり、引き分けた。

「ファーストで止まっているようではウチの野球じゃないかなと思う」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY